Japanese(JP)Korean(Republic of Korea))
おすすめ
사이트내 검색
앙케이트
당신이 좋아하는 말러의 교향곡은?
 
第二部参加者向け
Home 제 1부 2011/10

PostHeaderIcon マーラー/交響曲「大地の歌」

There are no translations available.

日時:2011/10/9(日) 16:30開演
会場:愛知県芸術劇場コンサートホール
演奏:名古屋シュピールシンフォニカー
入場料:1,000円(全席自由)

第8作曲の翌年1907年、彼の予感通り、彼の境遇はあらゆる面で一気に暗転します。夏に娘が夭折し、自身も心臓病で余命いくばくもないと診断され、更に10月にはヴィーン宮廷歌劇場指揮者職の辞任に追い込まれ、当時まだオ ペラ新興の地であったニューヨークのメトロポリタン歌劇場と契約を結びかろうじてメンツを保ったような転落ぶりでした。彼は実人生の余りの暗転ぶりにいよいよ彼岸における永遠の生への確信をうしなっていきましたが、そんな折も折、友人から受け取ったベートゲがドイツ語に意訳した漢詩集「中国の笛」を読んだ彼は、その厭世的な内容に烈しく共感し感動したのです。そしてその年から翌年(48歳)にかけ、その漢詩集から詩をとった、6つの歌曲からなる巨大な歌曲集とも言える交響曲「大地の歌」を作曲した。これは彼の9番目の交響曲であったが、ベートーヴェン、シューベルト、ブルックナーという彼が最も尊敬する19世紀ドイツの最も偉大な作曲家たちが全て交響曲を第9まで作曲してから死んでいる事、そして自分は彼らを継ぐドイツ交響曲の正統後継者であることを強く自認していた事から、彼は9番目の交響曲に「第9」と名づける事を極度に恐れ、9番目の交響曲にはあえて番号をつけず、交響曲「大地の歌」としたのです。

6つの楽章はテノールとアルトによって交互に歌われ、それぞれ「大地の悲愁を詠う酒宴の歌」、「秋に寂しきもの」、「青春について」、「美について」、「春に酔えるもの」、「告別」と名付けられています。前半二楽章は強烈に厭世的な虚無感を歌い、中盤の三つの楽章は逆説的に陽気な内容を歌っていますが、その底流にはどうしようもない寂寞感と死の諧調が鳴り響いているのです。

そして全曲の半分を占める長大な終楽章「告別」では第8のあとに彼が辿りつかざるを得なかった悲劇的な境地が切々と語られます。この楽章の主人公は友と別れの杯を交わします。友は彼が何故去らねばならぬのか尋ねますが、彼はこの世(世間)で恵まれなかったため、孤独な心の安息の地を求め、二度とは帰らぬ旅に出る事を友に告げます。そして自分は最早帰っては来ないが、春になれば地には花咲き緑が萌える、自分など初めから存在しなかったかのように、永遠に・・・。厭世的とはいっても彼は決してこの世を憎んでいるわけでも、望んでこの世から去ろうとしているのでもありません。彼は夢破れ傷ついてなお、いやそれであればこそ一層この世の美しさ、素晴らしさを悟り、それを心から愛したく欲しています。しかし彼はこの世から去っていかねばならないのです。

名古屋シュピールシンフォニカー

名古屋シュピールシンフォニカー

名古屋シュピールシンフォニカー(Nagoya Spiel Sinfoniker)は、主に東海地区の大学オーケストラの出身者によって構成されるアマチュアオーケストラです。

2006、2007年夏に有志によって行われた東海学生オーケストラ連盟の演奏会で知り合ったメンバーが「大学卒業後も皆で集まれるオケを持ちたい!」「学生の頃に演奏できなかった曲に挑戦したい!」と呼びかけあい、2008年に発足されました。そのような同じ想いを持つ仲間が集まり、現在は社会人を中心とした約100名の団員で活動しています。団員たちは、演奏面においてお互いに刺激しあえるメンバーと会うのを楽しみに、毎回の練習に足を運んでいます。

楽団名である「Nagoya Spiel Sinfoniker」の”Spiel”とは、ドイツ語で「音楽を楽しむ」「音楽を奏でる」「遊ぶ」という意味です。お客様に満足していただけるように、まずは団員全員がクラシック音楽を楽しみ、仲間と演奏できることを楽しみ、遊び心のある多彩な演奏をしよう、という思いが込められています。

シュピオケ(名古屋シュピールシンフォニカーの通称)の記念すべき第1回演奏会は、ベルリオーズの幻想交響曲、ドビュッシーの小組曲、デュカスの魔法使いの弟子のオールフランスプログラムを井﨑正浩氏の指揮のもとで演奏を行いました。

今後も、団員全員が共通の志を持ち、音楽を創り上げる喜びや楽しさを感じられるようなオーケストラを目指します。

ホームページ:http://spiel-sinfoniker.sakura.ne.jp/

 
Japanese(JP)Korean(Republic of Korea))